読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

グリーンネイルとは?その原因や症状を解説!

f:id:secondhandcar:20170328170935j:plain

女性に大人気のネイルアート!

最近、ジェルネイルやスカルプ(スカルプチュア)で爪のおしゃれを楽しむ女性が増えていますね。

爪に人工爪(アクリル)を付けて長くして飾ったり、ジェルを塗って固めたところで、装飾したりと、おしゃれ女子には必須アイテムになっています。

 

そして、ファッションネイルを楽しむ方が増えるのに伴って、ある爪の病気も増えているのをご存知でしょうか?

 

それは、【グリーンネイル】です。

 

グリーンネイルとは?

f:id:secondhandcar:20170315111556p:plain

(出典:中日メディカルサイト様)

 

グリーンネイルとは、その名の通り、爪が緑色に変色する爪の病気です。

 

グリーンネイルの原因

グリーンネイルの原因は、日常生活の中で普通に身の回りに存在する常在菌の1つである、緑膿菌(りょくのうきん)に感染することで発症します。

 

普段は害を成さない緑膿菌なのですが、例えば、

  • 爪が傷ついているとき
  • 爪の中に、高温多湿の環境が作られたとき
  • 体の免疫力が低下しているとき

これらの条件が整うと、何かの拍子で病気が発症することがあります。

 

ファッションネイルとの関係

ジェルネイルやスカルプチュアを長い間付けっぱなしにしていると、割れたり剥がれたりすることで、自爪との間に隙間ができることがあります。

この隙間に水が入ったりした時に、よく乾かさないでいると、ジメジメと湿った状態になります。

緑膿菌のような雑菌は、このような高温多湿の環境を好みますから、そこで一気に増殖することで爪に感染してしまいます。

 

足の場合はさらに蒸れやすいので、手の爪よりもグリーンネイルになりやすいですから、注意してください。

 

グリーンネイルにならないためには?

  1. ジェルの密着を良くするサンディングや消毒などを怠らないようにして、ジェルが浮くのを防ぎましょう
  2. ちょっとでもジェルやスカルプが浮いてきたら、取ってください。ちょっとくらいなら....という考えは危険です
  3. 手汗をかきやすい方は、ハンカチなどでこまめに拭いたり、乾燥させることが大切です
  4. ジェルネイルやスカルプは、指先に衝撃がかかると浮きやすくなるので、パソコンのキーボードを叩くときなどは注意が必要です
  5. 水仕事が多い職業の方や、主婦の方は、水仕事を終えたら、しっかり水分をふき取って乾燥させることを心掛けてください

 

グリーンネイルはうつる?

グリーンネイルは他の人や、自分の他の爪にうつったりしませんので、ご安心ください。

しかし、緑膿菌はどこにでもいる常在菌ですから、体の免疫力が低下しているときなどは発症しやすくなりますので、気をつけてください。

 

グリーンネイルの治療法

まずは、今つけているジェルネイルやスカルプを取り除いてください。

 

グリーンネイルは基本的に、自然治癒することはありませんので、皮膚科の先生に見てもらうのが確実です。

抗生物質の塗り薬を処方してもらえると思いますので、清潔にして乾燥させたところで、薬を塗るようにしてください。