読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

グリーンネイルになったら何科を受診すればいいですか?

f:id:secondhandcar:20170330175634j:plain

最近のファッションネイルブーム。

すごいですよね。女性に中にはネイルOKの会社をわざわざ探して就職する方もいらっしゃるそうです。

そしてこのネイルブームに伴って増えてきたのが、グリーンネイルと呼ばれる爪の感染症です。

 

グリーンネイルの原因と症状

グリーンネイルの原因は緑膿菌(りょくのうきん)という雑菌の感染です。

ジェルネイルやスカルプ、マニキュアを長い期間していると、リフトすることがありますよね?

これにより自爪との間に隙間ができると、そこに水が入り込んで雑菌が繁殖しやすい環境ができてしまうんです。

緑膿菌が繁殖して、爪に寄生することで、グリーンネイルになってしまいます。

 

f:id:secondhandcar:20170315111556p:plain

(出典:中日メディカルサイト様)

症状としては、上の写真のように、爪が緑色に変色したり、酷くなると割れたりすることもあります。

 

グリーンネイルの治療法

そもそもグリーンネイルの原因である緑膿菌は、私たちの身の回りのどこにでもいる常在菌で、普段は悪さをするような菌ではないのですが、繫殖しやすい環境が整ったり、たまたま体の免疫力が低下しているときなどに、感染することがあるようです。

 

ですから、症状が軽く、うっすら緑色をしている程度であれば、ジェルネイルやスカルプを除去して清潔に乾燥させておけば、まれに放っておいても問題ない場合もあります。

(爪が伸びるにつれて、緑色の部分もなくなっていきます)

 

病院に行くなら皮膚科です

グリーンネイルの治療は皮膚科を受診してください。

基本的にグリーンネイルは自然治癒しませんので、抗真菌薬を処方してもらって塗り続けなければ治りません。

爪に菌が入り込んだ状態ですので、実はなかなか治りにくいのがグリーンネイルなのです。

 

治療は主に、爪カンジダ症などの爪疾患の治療と、幹部の乾燥をしていきます。

治療期間は半年ほどで、毎日薬を塗って、爪が完全にキレイなものに生え変わったら、治療が終わります。

 

しかし爪の症状によっては、抗真菌薬の飲み薬で治療するケースもあります。

飲み薬を服用すると、肝機能障害などの副作用が出ることがありますので、月に1度のペースで血液検査をして、肝機能に問題がないかを見極めながら治療を進めていくことになります。

 

まとめ

たかがグリーンネイルと、侮らないでください。

もしもネイルサロンでグリーンネイルだと言われたら、すぐ皮膚科を受診されることをお勧めします。

間違っても、他のネイルサロンで施術するなんてことのないようにしましょう。

グリーンネイルを理由に施術を断るサロンは、あなたのことを本気で考えてくれる、良いサロンだと思います。

プロのアドバイスは、大切にしたいところですね。