読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

グリーンネイルの放置は危険!?治療法と予防法

f:id:secondhandcar:20170403171442j:plain

ネイル大好き女子にとって、グリーンネイルになって、ネイルができなることくらい辛いことはありませんよね。

 

ジェルネイルやスカルプを除去したら、爪が緑色になっていてビックリ!

こんなトラブルを防いで、安全にネイルを楽しむために知っておくべきことをご紹介します。

f:id:secondhandcar:20170403170846p:plain

(出典:日経ウーマンオンライン様)

 

グリーンネイルの原因

グリーンネイルは、緑膿菌による爪の感染症によって生じます。

雑菌の好きな高温多湿の環境が整ったり、体の免疫力が低下していときなどに症状が出ることがあります。

 

緑膿菌はどこにいる?

緑膿菌は一般的には、内臓の消化管や、湿潤な自然環境中など、日常いたるところに存在する常在菌です。

 

なぜ感染するの?

実はこの緑膿菌、日和見感染といって、体が健康なときには何の害も及ぼさない弱毒菌なのですが、体の免疫力が低下しているときや、加齢によって体力が落ちているときには、抵抗力よりも菌の繁殖力が勝ってしまい、病気を引き起こします

 

ですから、皮膚や爪が蒸れた状態が続いたり、何らかの疾患で外傷や熱傷がある場合には、グリーンネイルが起こりやすくなります。

 

ジェルネイルやスカルプを長い間付けてリフトしたときに、自爪との間に隙間ができると、そこに水が溜まりやすくなります。水分をふき取らずに蒸れた状態が続くと、菌が繁殖しやすくなるので、水仕事が多い方は注意が必要です。

 

グリーンネイルの治療法は?

グリーンネイルは、ほとんどの場合、元病としてすでに、爪カンジダ症、あるいは爪白癬に感染していて、緑膿菌には、二次的に感染しているケースが多いです。

f:id:secondhandcar:20170403170952p:plain

(出典:日経ウーマンオンライン様)

 

ですから治療としては、ジェルネイルやスカルプを施している場合は、すぐに除去して患部を乾燥させること、また元疾患(爪カンジダ症や爪白癬)を治療することで、グリーンネイルも並行して良くなっていきます

 

グリーンネイルがなかなか良くならないという方は、体の免疫が弱っている可能性があります。

 

甘皮を過度に処理するのは危険

ジェルネイルやスカルプをするときに、甘皮の処理をすると思いますが、この甘皮を除去した部分に隙間ができて、ここに雑菌が繁殖しやすくなりますので、ご注意ください。

 

甘皮にも爪を守るという大切な役割がちゃんとありますから、これを過度に取り除いてしまうのは、爪の健康にとってはあまり良いことではないのですね。

 

まとめ

グリーンネイルは、元病を治すことで治療できます。

元病が、軽度の爪カンジダ症であれば、抗真菌剤の塗り薬で治すことができますし、重度の爪水虫であれば、飲み薬を使わないと治らないこともありますので、場合によっては、治療が長期化(半年から1年以上)することもあります。

 

いずれにしても、しっかり皮膚科で診察を受けて、適切や薬で治療を進めることをお勧めします。