グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

グリーンネイルの予防のために体の免疫力をアップ!

f:id:secondhandcar:20170417151219j:plain

ジェルネイルやスカルプの流行とともに良く聞かれるようになったのが【グリーンネイル】。

 

グリーンネイルの直接的な原因は、【爪の緑膿菌による感染】です。

緑膿菌は土壌、淡水、海水、また動物や人などあらゆる自然環境に生存している常在菌です。

毒性はとても弱く、体が健康なときは症状を引き起こしませんが、病気などで体の免疫力が落ちたときなどに発症することがあります。

 

ですから、グリーンネイルを予防するには、体の免疫力をアップさせることが大切になります。

 

体の免疫力をアップする方法

免疫力がアップすると、免疫細胞の働きが活発になり、風邪やインフルエンザにかかりにくくなったり、花粉症やアレルギーの症状が緩和されたりと、体に良い影響を及ぼします。

 

では、どのような方法で免疫力をアップさせることができるのでしょうか?

 

1、体を温める

免疫力は血液の中の白血球の働きを良くすることでアップできるのですが、冷え性などで体温が低い方だと、血管が収縮して血行が悪くなります

免疫力が正常に保たれる体温は36.5度くらいなのですが、これが1度下がると免疫力が30%低下し、逆に1度上がると最大で5倍くらいアップすると言われています。

 

体温を効果的に上げるには入浴が効果的です。できれば38度から40度くらいのぬるま湯で、20~30分くらい半身浴をしてください。

また足湯などもお勧めです。

 

また体を温める食物をたくさん取るようにしたり、ウォーキングなどの有酸素運動で筋肉量を増やすことでも、体温をアップさせることができます。

 

2、睡眠をしっかりとる

毎日しっかりと質の良い睡眠を取りましょう。

睡眠不足や不規則な睡眠は、免疫機能の中でも重要な役割を果たすNK細胞の活性を弱めまてしまいます

 

3、ストレスを溜め込まない

人間はストレスを感じると自律神経が乱れて、血行不良となり、白血球の働きを低下させてしまいます。

またストレスによって分泌されるストレスホルモンの中には、免疫力を抑制する物質が含まれていることが知られています。

 

4、NK細胞を活性化させる

良く笑う人ほど健康だと言われますよね。笑うと神経ペプチドという物質ができるのですが、これがNK細胞に付着することによって、NK細胞が活性化し免疫力は高まるという訳ですね。

 

まとめ

グリーンネイルになると、しばらくはジェルネイルをお休みしなければなりません。まさにオシャレ女子にとっては大敵です。

 

しかし体の免疫力をアップさせることと、浮いてしまったジェルネイルを放置しないことで、グリーンネイルになりにくい環境を自分で整えることは可能です。

 

免疫力アップは、グリーンネイル防止だけではなく、健康的な体づくりの基本ですから、特に冷え性でお悩みの方は上記の方法で体温を上げて、免疫力をアップさせてください。