読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

グリーンネイル予防のための健康な爪の保ち方

f:id:secondhandcar:20170424142932j:plain

爪が薄く割れやすくなってしまっていて、ジェルネイルやスカルプ、マニキュアなどを、したくてもできない....と悩んでいる人って結構いますよね?

そんな悩みを抱えた人のために、今回はその原因と、健康な爪の保ち方について書いていきたいと思います。

 

爪が薄くて割れやすくなる原因

爪の健康が失われて、薄くなったり割れたりする原因は、私たちの日々の生活の中にあるので、いくつか紹介します。

 

1、爪の乾燥

爪を乾燥させる原因は、食器を洗う時の洗剤や、ネイルアートで使う除光液やアセトンなどにあります。またマニキュアなどの化学物質に長時間さらされることで、爪の表面の油分や水分が減っていき、爪が乾燥してもろくなります。

 

2、食生活が悪い

偏食やダイエットなどによって栄養不足になりがちな人は、爪が薄くなったり割れたりしやすくなります。栄養が不足しがちな状況になると、人間はまず内臓や脳などに優先的に栄養を送り込みます。こうなると爪にまで栄養が行き渡らなくなるので、最初に爪に何らかの症状が出できます。爪は健康のバロメーターとはよく言ったものです。

 

3、その他の原因

その他、爪が薄くなって割れやすくなる原因には、加齢やストレスもあります。

 

食生活を見直して爪を健康にしよう

やはり食事は重要です。普段から爪の健康に良い食生活を心がけることが大切ですね。

では、どのような食事でどのような栄養素を取り入れればいいのでしょうか?

 

1、タンパク質

爪は皮膚と同じで、ケラチンというタンパク質でできていますので、良質なタンパク質を取ることは、健康な爪のために欠かせません。タンパク質は肉や魚、大豆や卵などに多く含まれています。

 

2、ビタミン群

抗酸化作用があり、爪を硬く丈夫にしてくれるのが『ビタミンA』、細胞の再生や成長を促し新陳代謝を活発にするのが『ビタミンB2』、ささくれを予防したり、肌に張りを与えるのが『ビタミンC』です。

これらのビタミン群は、爪を健康に保つ上において、欠かせない栄養です。

 

3、ミネラル

健康な爪を形成するのが『カルシウム』、健康な爪を作るための酸素を血液中に運ぶ役割のある『鉄』、細胞を活性化する働きがあるのが『亜鉛』です。

いずれの栄養素も、健康な爪の形成には、とても大切になります。

 

爪のケアの仕方

食生活の見直しだけでなく、並行してやっていきたい爪のケア方法を紹介します。

 

1、ハンドクリーム・ネイルオイル

手を洗ったときや、お風呂上りなどにはハンドクリームで乾燥を防ぎましょう。また爪には、粒子がより細かく爪に浸透しやすい『ネイルオイル』を使用すると良いでしょう。

 

2、アセトンフリーの除光液

除光液などに含まれているアセトンは、爪の乾燥を引き起こします。ネイルを除去するときは、できるだけアセトンフリーのものを選んで使うのが良いと思います。

 

3、深爪に気をつける

深爪をすると、爪の周りの皮膚が盛り上がって、皮膚に食い込むように伸びていきます。これを防ぐために、爪の両端を切りすぎないようにスクウェアにカットをするようにしてください。

 

まとめ

そもそも爪が健康でないと、ファッションネイルを楽しむことはできませんし、グリーンネイルやその他の感染症にもかかりやすくなります。

爪の健康は日々の積み重ねにあると思います。特に食生活に気をつけて、体の内部から健康になりましょう。