グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

グリーンネイルを治す薬はクリアネイルショットが効果的!

f:id:secondhandcar:20170525153936j:plain

ファッションネイルが好きな人であれば、グリーンネイルについて一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

グリーンネイルは緑膿菌という細菌が爪に寄生することで、爪が緑色に変色する感染症の一種です。

ジェルネイルやスカルプチュアがしっかり爪にくっついていないこと(浮いた状態)が原因になることが多いです。

ジェルネイルやスカルプチュアが浮くと自爪との間に隙間ができます。その隙間に水が入って蒸れると、細菌が好む高温多湿の環境となり、緑膿菌が繫殖してしまうのです。

 

もともと爪カンジダや爪白癬にかかっていることが多いです

グリーンネイルの原因となる緑膿菌は皮膚や粘膜など、あらゆるところに生息している常在菌で、体が健康な時には悪さをしないのですが、上記のように爪が高温多湿の環境になっていたり、体の免疫力が低下しているときに発症しやすくなっています。

また、もともと爪カンジダや爪白癬になっている場合は、二次感染的にグリーンネイルになることも多いです。

 

元病を治すことでグリーンネイルも改善します

二次感染的にグリーンネイルになった場合、まずは元の病気を治す必要があります。皮膚科で顕微鏡検査をすれば、元病の原因菌を特定できます。

原因菌が分かったところで元病を治療すれば、グリーンネイルも並行して良くなっていきます。

 

爪白癬にはクリアネイルショットが効果的

皮膚科で検査して、原因が爪白癬ということになれば、飲み薬を処方されることが多いです。爪白癬は塗り薬では治りにくいことが理由です。

しかし中には飲み薬を使ってはいけない人もいます。例えば肝機能に問題を抱えている方、妊娠中の方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方などです。また毎日薬を服用することに抵抗感がある方もいると思います。

このような方が爪白癬を治すのに有効な薬が【クリアネイルショット】です。

クリアネイルショットは厳密に言うと、医薬品ではないので薬とは呼べませんが、『医学と薬学』という医学雑誌に掲載されるほど、効果が認められている爪白癬専用の商品ですから、信頼度は抜群です。

詳しくはコチラをお読みください。

 

グリーンネイルや爪白癬になったら

グリーンネイルや爪白癬になったら、まずはジェルネイルやスカルプチュアを除去してください。爪はいつも清潔に保ち乾燥させておきましょう。

清潔な状態でクリアネイルショットを1日1回、症状が出ている爪に塗布します。ODT療法も併用することで効果的に治療ができます。

ODT療法については以下のの記事を参考にしてみてください。

xn--09s110b1oe39ryjf.com

手の爪白癬を完治させるには、キレイな爪が症状の出ている部分を押し出して完全に生え変わる必要があります。

個々の症状にもよりますが、手の爪は1か月で約3mm伸びますから、手の爪が完全に生え変わる期間の4~6か月が治療期間になるでしょう。

 

まとめ

爪が完治するまでは、ジェルネイルもスカルプチュアもお休みいただいて、まずは治療に専念してください。

ファッションネイルを常に楽しみたいのであれば、ジェルネイルやスカルプチュアの定期的なケアが一番大切です。浮いていたらすぐ補修するようにして、雑菌が繁殖しないような環境作りが大切です。

いつまでもネイルを楽しめるように日々のケアを怠らないようにしましょう。