グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

グリーンネイルを放置するとうつる?自宅での治し方をご紹介

f:id:secondhandcar:20170530111147j:plain

今回はグリーンネイルってうつる?ということについて書いていきます。

グリーンネイルとは、爪が緑膿菌に感染した状態のことを指しています。ファッションネイルが好きな方や、水仕事が多い方に多く発症することが知られています。

緑膿菌はヒトの皮膚や粘膜などに存在している常在菌で、体が健康な時には害を及ぼさないのですが、病気などで免疫力が低下しているときなどに症状を引き起こすことで知られています。いわゆる日和見感染ですね。

また緑膿菌はカビの一種で、他のカビと同様に高温多湿の環境になると増殖します。

ジェルネイルやスカルプチュアを付けている場合、自爪から浮いた状態になると小さい隙間ができるのですが、その隙間に水が入って蒸れると、緑膿菌が増殖してグリーンネイルを発症します。

 

グリーンネイルになる場合、もともと何かの感染症にかかっていることが多いです。例えば、爪カンジダや爪白癬(爪水虫)なのですが、このような元疾患がある場合は、二次感染的にグリーンネイルになることがあります。

 

グリーンネイルの治し方

あなたのグリーンネイルが、緑膿菌単独の感染なのか、爪カンジダや爪白癬などの元疾患があるのかで、治療法は違ってきます。

爪がうっすらと緑色になっているだけで、爪の肥厚や白濁、ポロポロと崩れてくる症状などがなければ、緑膿菌単独の感染である可能性が高いです。

この場合は、ジェルネイルやスカルプチュアを取り外して、変色した部分をヤスリなどで削り、清潔にして乾燥させておけば1~2週間くらいで治るでしょう。

 

しかし爪カンジダや爪白癬の元疾患がある場合は、緑膿菌に対しての治療をするというより、爪カンジダや爪白癬の治療をすることで、グリーンネイルも改善します。

爪の肥厚、白濁、縦にスジが入る、茶褐色に濁る、もろくなる、などの症状があれば、皮膚科を受診されることをお勧めします。この場合は顕微鏡検査で原因を特定してもらった上で、治療を行わなければなりません。

症状によっては内服治療になる可能性もあります。完治までには数か月から1年くらい掛かることもあります。

 

グリーンネイルはうつる?

グリーンネイルが他人にうつるかは、原因によります。

上で書きましたが、緑膿菌は誰もが持っている常在菌ですから、緑膿菌単独の感染であれば、他人にうつることはありません。

しかし元疾患が爪白癬の場合は他人にうつります。白癬菌になっている手で触れば白癬菌が他人に付きますし、爪や皮膚が剝がれ落ちれば、その中に白癬菌が潜んでいることもあります。

ただし、白癬菌が皮膚に付いたからと言って、すぐに水虫になる訳ではありません。白癬菌は皮膚に付いてから24時間ほどかけて角質層に侵入しますから、その前に洗い流してしまえば、感染することはないのです。

しかし爪白癬になった手で、自分の体や家中のものを触るので、白癬菌が手から体へ、また足へと感染を広げていく可能性はありますし、一緒に暮らしている家族が感染する可能性もありますので、注意が必要です。

爪白癬であってもごはんの支度や洗濯、お風呂の湯船などでは感染しませんのでご安心ください。それよりもタオルなどを共有は避けてください。

 

グリーンネイルの自宅治療の方法

グリーンネイルで皮膚科に行ったら、飲み薬での治療をすすめられた、ということがよくあります。しかし『肝機能障害や血液疾患の副作用が出ることがあります』、『定期的な血液検査が必要』などと説明を受けて、心配になって辞退するケースも増えています。

そこで、爪白癬を自宅治療できる商品をご紹介します。

⇒それがコチラです

 この商品は爪水虫に効果を発揮すると、今ネットで話題になっている爪水虫専用ジェルです。開発・販売は北の達人コーポレーションという会社なのですが、東証一部上場企業なので安心感があります。1日1回患部に塗布することで、徐々に爪白癬を改善していくことができるのです。

 

治るまでの数か月の間はジェルネイルなどはできませんが、まずはしっかり治すことが大切です。元疾患がある場合のグリーンネイルの放置は、症状を悪化させるだけでなく、さらに深刻な感染を引き起こす可能性もあるので、お気を付けください。