グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

爪水虫を治せばグリーンネイルも治る!治療法とお薬

f:id:secondhandcar:20170508172601j:plain

ジェルネイルやスカルプチュアを外したら、爪が緑色に変色していてビックリ!ナニコレ!?どうやって治すの?と慌ててネット検索しているあなた、まずはご自分の爪の状態を確認してみてください。

f:id:secondhandcar:20170607165843p:plain

写真のように爪が白く濁っていたり、分厚くなってきている部分がある場合、爪水虫(爪白癬)を併発している可能性があります。

正確にはもともと爪水虫になっていたところに、二次感染的に緑膿菌にも感染してグリーンネイルを発症した状態です。

この状態での治療法は、爪水虫を治すことが必要になります。爪水虫が治ればグリーンネイルも自然に改善されていきます。

 

グリーンネイルの原因

グリーンネイルの直接的な原因は、爪がカビの一種である緑膿菌に感染することです。緑膿菌に感染した爪は緑色に変色しますが、症状が軽い場合(初期段階であったり他の感染症にかかってない場合)は、ファッションネイルやマニキュアをしないで、よく乾燥させておけば1~2週間で自然に治ることもあります。

緑膿菌はもともと、ヒトの皮膚や粘膜、土壌や水中など、私たちの身の回りのどこにでもいる常在菌で、普段は病気を引き起こすことはありませんので、日和見感染菌と言われています。

しかしジェルネイルやスカルプチュアをしていて、メンテナンスをしっかりしない状態が続くと、ジェルが浮いてきて自爪との間の隙間が高温多湿の状態になることで、増殖することがあります。

爪水虫に感染している皮膚や爪は、バリア機能が弱まっているため、緑膿菌にも比較的簡単に感染してしまうことになります。

 

爪水虫が治ればグリーンネイルも治ります

上の写真のように、爪水虫にも感染しているケースでは、爪水虫もグリーンネイルも自然治癒することはありませんので、この場合は爪水虫を治すことで、グリーンネイルも改善させることができます。

 

爪水虫を併発しているグリーンネイルにはクリアネイルショットが効く

f:id:secondhandcar:20170607172628p:plainf:id:secondhandcar:20170607172650p:plainf:id:secondhandcar:20170607165843p:plain

上の写真のように、爪水虫を併発している場合は、クリアネイルショットのような爪水虫専用のお薬を使って治療します。

市販の水虫薬はたくさんありますが、’爪’水虫専用を謳っているのはクリアネイルショットだけなので、お勧めできます。

しかも『医学と薬学』という権威ある医学誌に、その有効性が掲載されるほど、効果が実証されていますので、信頼感を持って治療に望めます。

 

まとめ

なぜグリーンネイルに爪水虫のお薬を使うのか、という疑問については、上記の説明でお分かりいただけたのではないかと思います。

爪水虫の治療は長期に渡りますので、残念ながらその間はジェルネイルやスカルプチュアを付けることはできません。

しかし今しっかり治しておかないと、どんどん悪化してさらに酷い感染症にかかるリスクもあります。

たかがグリーンネイル、たかが水虫と甘く見ないで、気づいたときに治してしまうことをお勧めします!