グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

グリーンネイルがうつることはない!が、爪白癬を併発している場合はうつります

f:id:secondhandcar:20170530111147j:plain

グリーンネイルの原因

グリーンネイルは爪に緑膿菌が感染することで引き起こされますが、その理由はいくつか考えられます。

例えば、ジェルネイルやスカルプチュアが浮いた状態になって、自爪との間の隙間が高温になって蒸れることで緑膿菌が繁殖し症状が出たり、元々爪カンジダや爪白癬(爪水虫)を患っていた人に、二次感染的に緑膿菌が感染するケースなどがあります。

 

緑膿菌の特徴

緑膿菌自体は、ヒトの皮膚た粘膜、土壌や水中など私たちの身の回りのどこにでもいる常在菌です。人は常に緑膿菌と接していますが、体が健康な時には症状を引き起こすことはない弱毒性で、いわゆる日和見感染菌なのです。

従って、他人にうつることはありません。

 

他人にうつるグリーンネイルは元疾患として爪白癬(爪水虫)を患ている場合です

よくグリーンネイルは他の指や他人にうつりますか?という質問がありますが、グリーンネイル自体は緑膿菌が繫殖しただけの状態ですからうつりません。

グリーンネイルがうつると言われるのは、元疾患として爪白癬に感染している場合の話で、爪白癬は白癬菌による感染症ですから、他の指や他人に白癬菌をうつす(付着させる)ことで、水虫や爪白癬を発症する可能性があります。

 

白癬菌の特徴・症状

爪白癬(爪水虫)の症状ですが、爪に白癬菌が感染することによって爪に特徴的な症状が出ます。例えば、爪の白濁や肥厚などが代表的ですが、酷くなると爪がポロポロと崩れてくることもあり、見た目の問題が大きくなって行きます。

このような症状が出ている場合、単なるグリーンネイルではなく爪白癬の可能性が高いです。

 

爪白癬の治し方

爪水虫の治療は、病院で処方される内服薬によってなされるのが一般的です。しかし『内服薬は肝機能障害や血液疾患の副作用が出ることがある』、『だから月に1回程度の血液検査が必要となる』、『約半年、毎日薬を服用する必要がある』、『内服治療だからと言って治療期間が短くなるわけではない』などの説明を受けて、内服治療を辞退する人も増えている現状もあります。

そこで爪白癬を自宅で治す方法をご紹介します。

市販の水虫薬は数多く販売されていますが、’爪’に特化した薬はありません。

唯一爪水虫専用の治療薬として発売されている【クリアネイルショット】を使って治すのが自宅治療では、最善の方法だと思います。

⇒詳しくはコチラをご覧ください。

クリアネイルショットは医薬品ではありませんが、『医学と薬学』という医学誌にその効果が掲載されるほどの評価を得ていますので、安心して使っていただけます。

 

治療中はファッションネイルはできません

残念ながら爪白癬の治療中は、ジェルネイルやスカルプチュアを付けることはできません。まずは治療に専念してください。

治療期間は半年から1年以上掛かることもありますが、根気よく続ければ必ず効果を実感できるはずです。

効果は徐々に出てきますが、なかなか見た目が変わらないことから、途中で治療を辞めたり諦めたりするケースも多いですが、そんな時に効果を実感できるように、例えば、スマホのカメラで定期的に爪の状態を撮影して、時間が経ったときに見比べてみるのも治療を継続するコツです。