グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

グリーンネイルを自分で治療できる薬はどれ?自宅で治療する方法

f:id:secondhandcar:20170613215745j:plain

ジェルネイルやスカルプチュアを外したら爪が緑色に…そんな経験をお持ちの方は、グリーンネイルについてご存知かと思います。

グリーンネイルの直接的な原因は緑膿菌による感染ですが、多くの場合グリーンネイルになるより以前に、何らかの感染症に感染していることが多いです。

f:id:secondhandcar:20170412172810p:plainf:id:secondhandcar:20170403170846p:plainf:id:secondhandcar:20170315111556p:plain

緑膿菌は、私たちの身の回りのどこにでもいる常在菌で弱毒性ですから、よっぽどのことが無い限りは、症状を引き起こすことはありません。

ですから、緑膿菌に感染するということは、もともと罹っている何らかの感染症によって皮膚のバリア機能が弱っていたからと考えられます。

そして、その代表的な感染症が『爪白癬(爪水虫)』です。

 

 

緑膿菌はカビの一種、抗菌作用のある薬で治す

緑膿菌も白癬菌も、カビの一種です。治療には抗菌作用がある成分を配合したお薬で治すことになります。

ここで大切なのは、菌が潜んでいる場所が爪の下ですから、いくら抗菌作用が強い薬を使ったとしても、薬が爪の下に浸透しない限り、効かないということです。

実は市販されている薬で爪白癬のために作られたものは、私が知る限りありません。すなわち爪の下に浸透させることはできないということです。

しかしネット販売されている商品に、唯一の’爪’専用の商品があります。それがクリアネイルショットです。

 

自宅治療できる商品はクリアネイルショット

グリーンネイルは多くの場合、爪白癬を原因としているということは、すでにご説明した通りです。従って、グリーンネイルを治すためには、まず爪白癬(爪水虫)を治す必要があります。すなわち爪白癬が治れば、グリーンネイルも同時に治るということです。

そこで私がお勧めするのが、爪水虫の専用治療用ジェルである、『クリアネイルショット』です。

 

クリアネイルショットがお勧めできる理由

クリアネイルショットが’爪’に効くのは、浸透力特化型で作られているからです。爪の特性を活かして、有効成分が爪の中や下にしっかり浸透するように作られているのです。

そして白癬菌に有効な成分として『竹酢液』を配合しています。竹酢液は竹炭を作る過程で、熱せられた竹から蒸発した気体を冷やすことで生成される物質で、抗酸化作用や抗菌作用に優れていることで知られています。

 

クリアネイルショットは天然由来の成分で作られていて、副作用もほとんどないので、肝機能に問題があって飲み薬が使えない人でも、妊婦さんや授乳婦さんでも安心して使うことができます。

またネットで注文できるので、病院へ行く手間もなく、忙しくて病院に行く時間が取れない人に最適です。

誰にも知られずに治すことができ、病院へ行くのも恥ずかしいという人にとっても試しやすい商品だと思います。 

 

ODT療法も有効

より効率良く爪白癬を治すには、ODT療法(密閉療法)を併用することをお勧めします。⇒ODT療法について詳しくはコチラをご覧ください

薬の効果を高めるためには、爪をできる限り柔らかくして、薬の浸透を助ける必要があります。入浴でもいいですし、手や足だけお湯に長時間浸けておくのも効果があります。爪や皮膚がふやけるほど、薬の効果も高まると言えます。