グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

グリーンネイルの治療は皮膚科?自宅での治療法はあるの?

f:id:secondhandcar:20170615212118p:plain

爪が緑色に変色する『グリーンネイル』。

原因はカビの一種である緑膿菌の感染です。しかし本来、緑膿菌は私たちの身の回りのどこにでも存在している常在菌で、弱毒性ですから病気を引き起こすことはあまりありません。

ではなぜ、グリーンネイルが今、女性の間で増えてきているのでしょうか?そして治療はどうすればいいのでしょうか?

 

ファッションネイルがグリーンネイルの原因?

グリーンネイルになる一つの理由として、ジェルネイルやスカルプチュアの流行が挙げられます。ファッションネイルを楽しむのはいいのですが、施術から時間が経って自爪から剥がれた状態のままメンテナンスを怠ると、できた隙間が高温多湿の環境となって緑膿菌が繁殖することがあります。

ジェルネイルを外して初めて気が付くパターンが多いですが、グリーンネイルになっていたときの対処法をご存知でしょうか?

 

グリーンネイルの治療は皮膚科です

グリーンネイルを発見した場合、多くのネイリストさんは皮膚科を受診するように勧めてくれると思います。

皮膚科では症状によって治療法は異なると思いますが、軽度の場合は爪にマニキュアなどを付けないで、暫くの間抗真菌剤の外用薬を塗るように言われると思います。

 

もし重度の場合は、爪を少し採取して顕微鏡検査をします。そこでもし、緑膿菌以外の感染症が見つかれば、そちらの治療を優先させます。

緑膿菌以外の感染で多いのは、爪白癬(爪水虫)や爪カンジダでしょう。この場合、皮膚科では飲み薬で内服治療をするよう勧められることがあります

 

内服治療のデメリット

ここで、内服治療のデメリットについてご紹介しておきます。

一般的に爪白癬や爪カンジダの治療に使われる抗真菌剤の内服薬は、肝機能障害や血液疾患の副作用が出る可能性があります。服用期間も3か月から半年以上に及びますので、その間は定期的に血液検査をして、副作用が出ていないか確認しながらの投薬を続けなければなりません。

毎月の通院やその都度の血液検査で、治療費が高額になることや、通院の煩わしさ、また副作用のリスクを取ってまで、内服治療をしたくないという方が増えている現状があります。

 

内服治療が嫌なら自宅治療もできる

実は爪白癬や爪カンジダの治療は自宅でもできる時代になっています。例えば爪白癬を治すためだけに開発された『クリアネイルショット』であれば、ネットで購入して自宅で自分で治療ができるケア商品となっています。

しかも、その効果は医学誌にも取り上げられたほどで、とても信頼感が高い商品ですから安心です。

軽度の爪白癬や爪カンジダなら、クリアネイルショットで自宅治療すれば治療できるでしょう。

また市販の水虫薬を使っても治すことは可能だと思います。ただし市販の水虫薬は『水虫』には効きますが、『爪』水虫に効くとは謳っていないので、専用薬は結局クリアネイルショットのみということになります。

⇒クリアネイルショットについて詳しくはコチラ

 

上手に自宅で治す方法

市販の水虫薬であれ、クリアネイルショットであれ、グリーンネイルや爪白癬を自宅で治すためのコツがあるのでご紹介します。

まずは、症状が出ている部分はヤスリなどで、できるだけ削り取ってください。もし爪白癬で爪が肥厚している場合は、できるだけ薄くなるまで爪を削ります。

ただしあまり深くまで削りすぎすと、逆に爪床の傷を付けることになり、細菌感染を引き起こすので注意してください。

 

爪を削って薄くなったら、次は入浴やぬるま湯に浸すことで、皮膚や爪をふやかします。小さいころプールに長時間入りすぎて指先がふやけた経験があると思いますが、そのくらいを目途にふやかしてください。1時間からできれば3時間くらい浸けると効果が上がるでしょう。

 

爪や皮膚が十分ふやけたら、市販の水虫薬やクリアネイルショットを塗ります。爪やその周りのふやけた皮膚に塗り込んでください。

そして塗ったままの状態で、指1本1本にラップを巻き付けて覆ってしまいましょう。これをODT療法(密閉療法)と呼ぶのですが、こうすることで薬の蒸発を防ぎ、効率的に有効成分を爪の中まで浸透させることができるのです。

⇒ODT療法についてはコチラに詳しく書いています

 

この状態で暫く放置すれば、薬の効果が高まります!

グリーンネイルや爪白癬は、自宅治療が可能ですから、参考にしてみてください!