グリーンネイルになったら放置?薬や予防法と治療法

ネイル大好き女子必見!スカルプやジェルネイルといったファッションネイルを楽しむ女性の増加に伴い、グリーンネイルという感染症にかかる人が急増中!?グリーンネイルになると、治療中はネイルを楽しむことができなくなりますよ?当ブログではグリーンネイルの治し方や予防法を紹介していきます。

グリーンネイルの原因を見極めて治療は適切に行いましょう

f:id:secondhandcar:20170627222718p:plain

爪が緑色に変色する病気に、【グリーンネイル】があります。

ジェルネイルやスカルプチュアを外したら、爪が緑色に変色していてびっくりした、というお話は良く聞きますが、ファッションネイルがお好きな方であれば、すでにご存知かもしれません。

ここではグリーンネイルのいくつかの原因と、それぞれの原因に対する適切な治療法についてご紹介していきます。

 

グリーンネイルの原因

グリーンネイルの直接的な原因は、カビの一種である緑膿菌による感染です。

 

でも緑膿菌は弱毒性?

緑膿菌は土壌、淡水、海水、ヒトの腸内など、どこにでも生息している常在菌です。通常は日和見感染といって、体が健康な状態では病気を発症することはない弱毒菌です。

しかし高温多湿の環境や、体の免疫力が落ちたときなどに、病気を発症することがあります。

 

緑膿菌だけが爪に感染しても症状は軽い

このように緑膿菌が日和見感染してグリーンネイルが発症しても、引き起こされる症状は軽いものであることがほとんどです。

この場合は、ジェルネイルやスカルプチュアを外して、爪に何も付けない状態で乾燥状態をキープしておけば、自然に治ることもあります。

症状が長引くようなら、皮膚科を受診して抗真菌剤の外用薬を処方してもらいましょう。数週間で症状は改善するはずです。

 

爪白癬や爪カンジダにかかっている爪はバリア機能が低下している

ジェルネイルやスカルプチュアをしていると、グリーンネイルだけではなく、爪白癬や爪カンジダにもかかりやすい状態になっていることがあります。例えば、爪が伸びるとともにジェルが浮いてきて、自爪との間に隙間ができますが、この隙間に菌が入って蒸れることで、病気を発症しやすくなるのです。

爪白癬や爪カンジダにかかった爪や周りの皮膚は、バリア機能が低下している状態なので、他の細菌に二次感染するケースがありますが、緑膿菌に二次感染することで、グリーンネイルも同時に発症することがあります。

 

グリーンネイルの原因は病院で検査することで分かります

このように、グリーンネイルになるときには、元病として他の細菌に感染していることも多いので、皮膚科で顕微鏡検査をしてもらうことをお勧めします。

検査の結果はその場で分かりますので、適切なお薬を処方してもらうことができます。

緑膿菌だけの感染であれば、治療は比較的短期間で終えることができると思いますが、爪白癬や爪カンジダにかかっていて、爪が白濁して肥厚する症状が出ている場合は、内服治療で半年から1年くらいの治療期間を要することもあります。 

 

原因に合わせた治療を行うことが大切

このように、グリーンネイルの治療は、原因菌を特定してから、適切な治療を行うことが最も大切です。症状の軽い重いにかかわらず、皮膚科を受診することが必要でしょう。

 

爪水虫を自宅で治す方法はある?

そうは言っても、忙しくて病院に行く時間がない人もいるでしょう。そのような方は、爪白癬専用の塗り薬で自宅治療することをお勧めします。

⇒例えばコチラ

 

自宅でグリーンネイルを確実に治す方法

ご存知の方も多いと思いますが、爪白癬を塗り薬で治すことは、とても難しいと言われています。なぜなら、外用薬は外から爪の中に浸透しにくく、原因菌まで届かないからです。

塗り薬にはこのような欠点がありますので、その欠点を補うような治療をしましょう。

 

まずは爪を削ります

爪白癬や爪カンジダにかかっている爪は、肥厚していることが多いですので、まずは爪をヤスリで削って、できるだけ薄くしましょう

私の経験上、爪が乾燥しているときの方が削りやすいですが、入浴後などの柔らかい状態の方が削りやすいという方もいます。

 

次に爪を柔らかくします

爪に薬剤が浸透しやすいように、爪をできるだけ柔らかくします

方法は入浴したり、洗面器にお湯を張って手を入れたり、またODT療法(密閉療法)でもいいでしょう。

⇒ODT療法について詳しくはコチラをご覧ください

 

十分に柔らかくなった爪に薬を塗ります

爪が十分に柔らかくなったら、薬をしっかり爪に塗り込みます。

 

ODT療法(密閉療法)でさらに薬剤をしみ込ませます

爪に薬を塗ったら、その上から指1本1本にラップを巻いて密閉します。

この状態で1時間ほど放置しておくことで、薬剤が爪に浸み込みやすくなります。

 

まとめ

このように、グリーンネイルの場合は、元病をたどることが、治療の第一歩となります。原因菌を突き止めて、適切な薬や方法で治療することが最も大切です。

グリーンネイルになるとファッションネイルもお休みしなければなりません。ですからできるだけ早期の段階で、適切な治療を施しましょう。